統合失調症症状 | 「巻き込まれ」や「共倒れ」に注意!

家族も心のバランスを崩さないように心がけましょう

スポンサーリンク

統合失調症の人をケアする家族も
心のバランスを崩してしまうケースがあります。

 

 

家族が精神的に追い詰められると
その家族に支えられている本人は
動揺してしまい、状態が悪化する恐れがあります。
その結果、「巻き込まれ」「共倒れ」といった
大変不幸な状態におちいってしまいます。

 

 

家族が心の健康を守るには、
耐えがたいほどつらいときに
相談に乗ってもらったり助けてもらえるよう
「孤立しない」ことが大切です。

 

 

「孤立しない」ためには、
ある程度、本人の病気のことを
周りに知らせる必要があります。

しかし、中小などから本人と家族を守るためには
知らせる範囲を限定する必要があります。

 

 

実際の統合失調症の家族は、
「家族内」「親しい親戚」「親しい友達」
などに知らせているケースが多いようです。

 

 

また、通院している医療機関の医師などの
医療スタッフ、ソーシャルワーカー、
精神保健福祉士などの人たちからも
助けを得ることができます。

 

 

ソーシャルワーカーや精神保健福祉士は
治療や社会復帰のための情報を提供し、
プランを立て、それを実行するまでを
手助けしてくれる人たちです。

 

 

医療機関での相談対応に不安があれば、
「保健所」「精神保健福祉センター」
「地域生活支援センター」などにも
保健師や精神保健福祉士が配置されています。
こちらに相談する方が
医療機関よりスムースな場合があります。

 

 

また、自治体の役所の福祉担当化などからも
助けや情報を得ることができます。

 

 

さらに、「家族会」と総称される民間の組織も、
孤立しがちな家族にとっては
大きな手助けとなります。

 

 

家族会とは、精神障がい者の家族が中心となって
定期的に「相談会」や「勉強会」などを
開いている組織です。
全国に数多く存在していいます。

 

 

こういった会に参加すると、
有益な情報を手に入れることができるだけでなく
孤独感そのものを和らげてくれることがあります。

 

 

ほとんどの家族会は、
その地域の居住者ではなくても参加できますので
自分が必要とする助けを得られる会を探して
いくつかの家族会に出席してみることをお勧めします。

 

>>公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会〜みんなねっと〜

 

スポンサーリンク

 

統合失調症の症状 私の克服体験記 トップページへ